バスドライバー

バスドライバーになるための条件と資質

ドライバーの仕事は荷物の運送だけでなく、人を目的地まで運ぶ送迎ドライバーと呼ばれる職種もあります。この送迎の中でも特に難しいとされているのがバスドライバーです。バスの運転は、大型二種自動車運転免許の取得していなければ行うことができません。この免許は年齢が21歳以上、特定の免許の取得から3年以上という条件を満たすことで初めて試験を受けることができます。とはいえ、バスドライバーはただ免許を保有していれば良いというわけではありません。お金を払って利用をしてくれるお客様のために尽くす気持ちを常に持つことが基本です。健康管理も大事な資質の一つにあります。体調不良で運転に支障が出ることのないように、規則正しい生活を心掛けなくてはいけません。

求人を探す時に注意すべきポイント

バスドライバーの求人は専門サイトなどを利用することで効率良く見つけることができます。求人を探す特に注意すべきポイントの一つに挙げられるのが雇用条件です。一口にバスドライバーと言っても会社によって給料から勤務時間まで大きく異なります。同じ条件でも給料が数万円以上変わるケースも珍しくありません。そのため、できる限りたくさんの会社から比較検討をすることが大切です。バスは路線によっては狭い道路を走行することも多く、高い運転技術が要求されます。こうした理由から、大型車両の経験者に絞った求人募集を出す会社も少なくありません。未経験でバスドライバーになる人は、経験を問わず採用してくれる会社を選ぶことが重要になります。

運転業の求人は需要が増えている割に運転手が少なく、仕事が見つかりやすい売り手市場となっています。ドライバーは今後の社会でも必要とされている職業です。